上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
今回はお勉強ネタではなく、出願の考え方について触れようと思います。

私のネットワーキングに興味を持たれている方が結構いらっしゃるようでして、リンクも付けていただいてたのですが、今まで出願への考え方、ネットワーキングについてはブログで書いた事がなかったという驚愕の事実が発覚しました。。。
過去、覗いて下さっていた方、本当にスミマセンっ(汗)


さて、、、MBA受験での範囲ですが、私なりの考察・取り組みを以下に書いてみます。スコア至上主義の方は読んでも参考にならないかもしれません。下には勉強方法などは一切ありません。あくまで、スコアがでなくとも出願すればチャンスがあるということを書いて行きます。


私はTOP校に出願しませんでした。当初からの第一希望のOwen Health Care MBAの合格を得られたのはネットワーキングが大きく寄与していると考えています。
(もちろん、レジュメ、エッセイ、インタビューも大変重要ですが、これらは別の機会に、、、)
OwenはGMAT平均686で、TOEFLは100基準ですが、過去ブログのとおり、どちらも遠く及ばないスコアでした。
たまに「Gucciのネットワーキングは特別だから」と言われますが、私は魔法をつかったり、プレゼントを贈ったりしたわけではありません。普通にコミュニケーションを継続していただけです。誰でも出来ることですが、意外と優先順位が低いのかなぁと思っています。


日本での高学歴社会の競争では、小中高大と試験によって志願者の選別を繰り返していくからか、MBAの出願に際しても、TOEFL(またはIELTS)、GMATで学校の平均か上位20%以内のスコアを出せば、エッセイ、レジュメは後で何とかなるのではと思っている方が結構いる印象を持っています。
受験戦争を勝ち抜いて日本の一流と言われる大学に入れば、就職活動の選考段階では、大学名である程度の採否確率や選択肢が決まっているからだと思います。一生懸命勉強して試験を突破すれば、就職までの予定調和があるわけです。


ですから、実際、多くのMBAアプリカントの方がまず、TOEFLの勉強/予備校、次にGMATでスコアづくりに励み、最後に”エッセイ”カウンセラーというイメージを持って、アプリカント生活をスタートされています。多分に漏れず私もそうでした。。
この方法でも合格した方も多数知っていますが、とても時間がかかるアプローチであることは、夏のこの時期になってうっすら感じている人もいるかと思います。
私費の方は気がつけば出願までの時間がなくやむを得ず一年延期をするケースも出てきますし、社費の方はお尻が決まっていること、とにかく合格しないといけないプレッシャーから、胃が痛い思いをし始めるのはこれからではないでしょうか。


世界中のビジネススクールの上位校は、そりゃもう世界中から優秀な志願者が集まってくるので、GMATのスコアレンジも当然高いのは当たり前なのですが、言い換えれば、”スコア以外で勝負しないと差がつかない”ということが言えると思います。スコアは出願の一部です。


アプリカント経験者として、みなさんが早朝、深夜、隙間時間をテスト勉強に使っていることは知っています。ですが、はっきり申し上げて、アドミッションはいくら時間を使ったか、その他を犠牲にしてきたかという点には興味がありません。彼らはアプリカントが学校とマッチしそうか、将来、活躍して学校の評判に影響がありそうかというポテンシャルに投資判断する材料が欲しいのです。レジュメ、エッセイ、推薦状、インタビューも含めて買うか買わないかを決めています。一生懸命勉強してても「出さなきゃ何も始まらない」のです。


GMATスコアは読み書き、算数できるかを見る指標であると同時に、彼らは公言しませんが、学校(特にUS)のランキングへの影響が大きいため高いスコアの人が欲しいという先方の裏事情があります。私は裏事情への貢献はインド、中国のアプリカントに任せた!と割り切りました。実際、私の学校でも彼らのGMATスコアは730超えが普通ですので。
さらにTOEFLは、非英語圏の学位のアプリカントのみが対象です。ここはもう割り切ってしまいました。コミュニケーションができることが証左できればOKだと。。


なお、私はアプリカントとしてのネットワーキングとしては、次の3つで活動していました。

1.学校関係者(アドミッション、在校生、卒業生)
2.アプリカント
3.MBAホルダーほか、海外生活経験者

長くなってしまったので、次回はネットワーキングについてもう少し触れていきたいと思います。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。