上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
3月からは必修が1科目(マクロ経済)となり、次の選択クラスを履修しています。

1.Healthcare Marketing (HC Marketing)
2.Medical Device & Life Science
3.Corporate Strategy for Environment, Sustainability, and Governance (ESG)

HC Marketingの教授は学者ではなく、Vanderbilt University Medical Center(VUMC)の戦略担当の役員です。どちらかというと叩き上げの親分といった感じで、アメリカ人学生からすこぶる評判がよいです。

多分、2つ理由があって、話のテンポの小気味よさ(私は意味不明な箇所でもみんな楽しそうに聞いている)と使い古されたケースではなく、最新の話題をとりあげている点だと思います。付け足しで、イケメン親父だから女子学生達はたいそうお気に入りでもあるのですが(笑)

教授は医療機関でのマーケティング職が長いからか、授業がプレゼンテーションのように進行します。当然、聴衆受けする見せ方をするので、内容が興味深い印象になるのだと思う。
(どっこい教授は南部なまりが強くって、日によっては言っている内容がさっぱりだったりするのですが、、、)

ちなみに、先日はVUMCが近隣競合4病院とどのように差別化を図って、現在のシェアに至までの戦略について紹介してくれました。

アメリカにきて凄いと感じることに定量的に分析できる開示資料が非常に充実している点があります。テネシー州発表の施設ごとの患者さんのデータも年齢、性別、支払い保険者、住んでいるエリア(郡レベル)などなど、切り口となるデータがざくざく出てくるんです。Medical Deviceの授業でも別のデータの使い方のレクチャーがあったりと、日本も厚生労働省の統計資料があるけれど、施設別などマーケティングよりのデータベースはみつからないと思う。

またこのクラスは病院マーケティングで、医薬品/医療機器やITサービスではないのですが、グループワークでは病院以外の製品/サービスのケースでもOKとのこと。フレームワークやデータ分析を通じた提案がグレードの基準で、プロセスを学ぶ機会を提供しているとのこと。この辺は形式にとらわれることなく生徒の自主性が大切にされてるなって思う。ちなみに我々のグループは今年特許が切れる医薬品のマーケティング戦略を考えることになります。


「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。