上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
2009.06.07 文法の神様
先週から文法のクラスを増やしてます。

ここはGMATのSCでカリスマ講師であるY井先生の
芯の通った授業が提供されている。

毎回、中学から教わってきた英文法がいかに狭い範囲を、
しかも偏向的にカバーされていたかを気づかされ驚きの連続である。

今日のクラスは、単複をメインにやったのですが、
あらゆるパターンを集中的に学習するので、
本当にパズルのピースを組み合わせるかのように
自分の脳をフル回転させることになった。

解答では初歩的なミスを犯し、先生をがっかりさせてしまった
ことが悲しかったけど、気付き(二度と間違えない)を
得たので、成長へつなげる事ができた。

MBAのアプリケーションではGMATのスコアづくりが
大事なんだろけど、ここでは将来、大人の英語を
使うための基礎をつくる訓練をしているんだと思う。

2年通う、英会話学校のインストラクターは、
「コミュニケーションに文法はいらないよ!」と
いってくれたけど、それは旅先で自分の考えを
伝えることが目的だからであって、もう一段階上の
世界でやりあおうとしている僕としては、
やはり知的さをにじませることのできる語学力というものは
必要で重要かと思う。

毎クラスは3時間で、普通の参考書では、
学ぶ事ができない非常に密度の濃い内容です。

Y井先生も「今日は一生分の内容ですよ。」とおっしゃってましたが、
正にその通りと思う。

詳しい内容は書きませんが、単複同形、radiusやmedium、
などの複数形の変化、加算/不加算へかかるか否か、
Neither、either、not only、as well asで、動詞と
コネクトする名詞など、一度に学ぶ事はできるのは
ここしかないでしょう。

授業中、先生から「もうGMATのSC対策始めてる?」と聞かれ、
「夏からです」と答えたら、「のんきだねー」と言われたので、
クラス後、どうしてか質問してみました。

その理由は、多くの生徒さんは昨年から取り組みはじめ、
夏頃に結果を出し始めるてくること、
その一方で、多くの生徒が3ヶ月で結果を出そうとして、
思うような実力に到達せず、プランの変更を余儀なくしている
からだそうです。多くの教え子のパターンを見てきた方の
コメントだけに正直焦ってしまいました。

本当はすぐにも始めたかったけど、国内外の出張を含め、
来週から始まる最強の繁忙期を迎えるため、
早くとも7月になってしまいそうです。
目一杯頑張れば、年末から年始頃に、
結果は出せるかもよとのことでした。

”来年のアプライを目指したら”って言われなかったので、
メンタル面で、どうにか救われました。

これからもやるっきゃないです。
(この表現はよく使っている気が。。)

関連記事
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
Secret

TrackBackURL
→http://haragucci.blog20.fc2.com/tb.php/15-73f569ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。