上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
人生初めてのGMATを受けてきました。

トライアルで受けたのですが、


惨敗です...


Mathはもうちょっとできるかなとは思いましたが、結果Q35。


Verbalに至っては12と、おそらく今日受験した方々では最低点(Total 390)ではないでしょうか。
どうか笑わないでください。

普通なら書きたくはないのですが、このブログは、”Never too late”なので、これからの足跡を記す意味でもあえて報告しようと思います。


ブログとかで、皆さんさくっと最初に600点台を決めてくるのを読むあたり、さすがだなぁと思いました。
画面でスコアがすぐ出たときには、正直、自分のスコアにびっくりしました!
よく「目を疑う」と言いますが、本当に疑いましたもの。
帰りに渡されたスコア表も同じだったので、とぼとぼと麹町を後にした次第です。
これだけ低ければ、AWAのできには言及できません。


私はGMATは、一発で決めようと思っていませんでしたが、
独学人間の本試験の反省点を書いておきたいと思います。
※あくまでも目標650前後の人間が考えていることなので、700超を目指す方には意味の無い備忘録になります。


Mathは量をこなすこと。
問題の意図を把握したらそれぞれの時間配分も可能。

今日は、問題の意がわからず、時間をくってしまい時間が足りなくなった始末だったので、出題内容を理解して、難易を峻別できれば、解答マネジメントももっと変わると思います。
今はマスアカのみですが、OGももっとこなすことで、本番でも「はじめまして!」の問題にならないで済むかと考えます。ちなみに計算は簡単な問題を読み違え、2分くらい損しました。


あと、Vは読むスピードが必要になりますが、読解の精度と速度はネイティブには太刀打ちできなさそうなので、SC>CR>RCで、どれだけ正答を拾って行けるか。

問題はランダムに出てくるので、SCは取りこぼさないようにもっと、集中的に取り組んで行きます。居合い抜きみたいなもんです。ちなみに”見えた”問題は3問だけでしたが。
生理的にCRは好きな匂いがしました。常識とミックスすることで、選択肢を消去できる箇所もありましたので。
RCは今のところ満点な対策はわかりません。

GMATは、TOEFLと違って、会場はリスニング、スピーキンが無い分、静かで集中できる環境でした。耳栓も貸してくれます(私は借りませんでしたが)

次回のGMATはK下さんのカウンセリングによって決めて行きます。
でも、なんて言われるかは正直不安なのです。





関連記事
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
Secret

TrackBackURL
→http://haragucci.blog20.fc2.com/tb.php/31-3a06d784
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。