上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
MBA
皆さま明けましておめでとうございます。

気がつけばこのブログも4年目に突入です。
振り返ると留学を決意してから4年経ったのかと、今思うと長いような短いような。
ですが、Never too lateの精神のもと、諦めなければ道が拓けることを実感した2011年となりました。

さて、2012年は留学2年目となるわけですが、今年は新しくテーマを3つ絞って毎日に臨みます。
こうして宣言しておかないと、サボっちゃう性質があるもので f^^;)
昨年はとにかく生活&学業で生き抜く事が目標みたいなもので、特にテーマ(短距離走のゴール)を設定してなかったという反省でもあります。

1)ヘルスケアMBAの経験をシェアできるよう学んだことをブログで隔週更新

2)DJをからめたソーシャル活動の継続

3)地元のラグビークラブのトライアウトを受けます。その為のトレーニングを開始


番外編)生徒会長選に立候補(←理由は後日)

上記はブログでも定期的に書いていきますが、「ちゃんと筋トレしてるか?」という監視的ツッコミ大歓迎です!

渡米前にお世話になっている大先輩(アメリカのMBAホルダー)からいただいたアドバイスに次のような言葉がありました。

「MBA留学は卒業論文もないし、勉強だけなら、そこそこで卒業することが可能だと思う。でも学んだことが全て実社会で役立つとは限らないんだ。だから勉強だけを突き詰めても社会に戻ったら、『あれ、オレ向こうで何か達成したっけ?』という壁にぶつかるかもしれない。もちろん、勉強は第一義ではあるけれど、せっかくアメリカに留学するんだから、地域社会や自分なりの活動を見つけて取組んでみるといいよ」

渡米して半年経った今、この言葉の意味を考えるようになりました。(それまでは単に余裕がなかったという。。。)

私は成績優秀者でもないし、経営に関する学問を究めるのであれば、日本で勉強した方が成果はあるかもしれない。でもアメリカに来たということは、確かに僕がいたっていう足跡は残したいし、自分でもそれを実感して生きたいです。

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
最初のモジュール(MOD)で受講していたリーダーシップのR教授と個別に面談してきました。

目的はこれからも続く生徒参加型のクラスで、自分がどう振る舞うのか、またその際のアウトプット(発言)の質を改善するためのヒント探しでした。今回の面談では、私の期待以上の気づきを得られた時間となりました。

インド人であるR教授からのアドバイスは2点でした。
1.クラスで発言できなかったことをパターンで分類して保管しておく
2.アメリカにいるからと現地の流儀に迎合するのではなく、違った価値観をわかりやすく伝えることを心がける



なお、当初は私のクラスへの参加評価がLow Pass(総合はPass)に対する理由の確認でした。
毎回、授業で発言をしていた私の「評価への説明が欲しい」というメールから始まったコミュニケーションであったため、まずはそのフィードバックから面談は始まりました。

評価の説明は割愛しますが、まぁ、R教授のちょっとした勘違いだったようです。ニックネームと日本名が違っている点も私と認識できなかった理由のようです。クラス参加はHigh Passに変更となりました。(総合評価は変わらず)※留学する際はニックネームは何かと便利ですが、今回のようにidentifyされない可能性もあり注意が必要です。


また、R教授からは今回のチームメンバーの評価が低かった点を質問されました。

私:「実はリーダーシップとファイナンスが同じグループでした。私はファイナンスが超苦手でほとんど貢献できませんでした。メンバーからも”発言しないで黙ってた”とか、”確認する時の話が冗長で意味不明”など、ファイナンス起因の先入観が低い評価になったのだと考えています。リーダーシップのグループワークでは執筆、時間管理などでしっかり貢献したし、この科目ではパフォーマンスが低かったとは全く思ってません。」

Prof:「Oh~、同じメンバーで二つの科目やってたの!?彼らでは科目別に評価するのは難しいよね。人の先入観って、後にも引っ張るからね。キミにとっては不運だったけど、これで納得したよ。」


その後、冒頭のアドバイスの話へ移る訳です。

私がこのMODで中々、自分が言いたい事をうまく表現できていないことを相談したところ、
「メールほか、キミの文章を読んだけど、しっかりと書けているよ。だから、後は頭の中での処理速度なんだろうね。例えば、アイデアが浮かんで言葉に発するまでに時間がかかったとしようか、その時は次のように分類して、自分で表管理しておくといいよ。」と言って、その方法を教えてくれました。

その言いたかったアイデア/質問は、授業中、またはミーティング中に、
1)突然浮かんだ
2)事前に準備していた

うまく説明しきれなかった理由
1)語彙力
2)時間が足りなくてロジックが作れなかった
3)英語での表現の仕方(間接的すぎたり、言葉足らずだったり)

分類したら、今度は頭を整理しながら、伝えたかった内容を文章で完成させて、エクセルに保管しておき、関係あるクラスの前にも一度、軽く読み直す。

アイデアが浮かぶには、ひとそれぞれの経験に基づいているから、今後も同じような発言をする機会があるし、授業の内容であれば復習にもなるとのこと。

正直、毎回の授業やミーティングで説明しきれなかた時は、単語くらいは調べていましたが、文章としてを完成させて保管しておくというのは新鮮でした。自分でつくるから構文としても頭に定着させやすいです。
早速、今日のミクロ経済学から活用を始めました。私が質問した後、教授が内容をシンプルに言い換えたので、「そういうことか!?」と。

例えば、誰が最初にこんな仕掛けをスタートさせたのですか?を単語並べて質問した所、
教授が、"You say; who did start this bubble trick?" と返してくれました。
シンプルだけど、そのまんま私の聞きたかった事でした。


また、R教授からは「アメリカにいるからアメリカの流儀に無理に合わせようとするのではなく、違った価値観を持つ海外留学生としての考えが表現できれば良いよね。抽象から具体に持って行くと周りも今以上に貴方の存在感が増すと思うよ。」とも。


この面談によって、最近、クラスで発言できなかったり、チームメンバーからネガティブなことを言われて、受け身になり気味だった自分の気持ちが一気に浮揚しました。

私がOwenを選んだ理由の一つに、少人数スクール(170名)で教授との近い距離を期待していました。やはりアクセスの良さって重要です(私にとっては)。

R教授はインドから大学院に留学してきた時に、色々と苦労されたそうです。留学した学校がやはりスモールスクールで当時の教授に色々アドバイスを貰えたことも、今、教授がOwenで教鞭をとっている理由なんだそうです。
実際、教授も私の顔を覚えてましたし、私の次にはアポ無しでロシアン同級生がぶらりとやって来てました。

「彼みたいに何時でも来ていいんだよ。また、アイデア表現の取り組みの結果をぜひ教えてほしい。」と固い握手で教授との面談を終えたのでした。

そもそも私はGMAT、TOEFLとも、決して優秀な出来ではなく、当然、語彙力、文法、リスニング(これが一番大敵!)もそれなりです。このちょっとした英語の弱点から、自分自身が壁をつくったり、背伸びをしていたようです。

しかし、スコアではなく学校が合格を出したことには理由があるはずです。ここでもう一度、学内での今のポジションを考えてみました。
現在は海外組のお兄さん的役割とDJ(今度あらためてご紹介しますが、学生時代からの趣味)で、自分もポジションが取れているんだなと。

アウトプットのトレーニングも含めて、自分を磨いた分だけ、どこかで役に立つ事があると考えながら、同級生とも楽しくて美味しいビールが飲めた週になったのでした。





「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
モジュール1と2間は通常ですと、fall breakで1週間のお休みなのですが、ヘルスケアMBAの1年生は必修コースとして、Health Care Immersionに参加します。

これはモジュール2から始まるコア科目のThe Healthcare Landscape受講前に、業界の基礎知識を習得することが目的で、1週間びっしりとコースが組まれています。ヘルスケア専攻は約40名ですが、業界経験者(医師、病院事務、製薬、医療機器、IT)が約半数で、残りの生徒は他業種から転職先にヘルスケアを考えているため、ほとんどが業界初心者です。

すでにコア科目もスタートしていますが、授業は教授と生徒による双方向コミュニケーションが中心に進められるため、いきなり授業に飛び込むと議論している内容もさっぱりわからないってことになりかねません。そこで、Owenでは生徒の知識レベルの水準向上について集約した準備コースを用意してくれています。


私は医療機器メーカーの人間ですので、手術や治療について多少の見聞はあるものの、アメリカの医療を生で知る機会は初めてでした。毎日がとても刺激的で、コア受講前に不勉強だった点の洗い出しや興味分野の再確認と大変参考になるコースでした。

Health Care Immersionの内容はざっと以下のとおりです。

Vanderbilt大学 Medical Center(VUMC)関連
・手術見学(私は耳鼻科と形成外科の見学でした)
・ドクターヘリチームの職場見学
・医療コンサルチームによるコンサルテーション事例紹介
・夜勤見学(小児救急外来、ICUなど)
・病棟看護師の業務見学(私は外傷ユニットへ行きました)
・統合医療(西洋医学と東洋医学のコンビネーション治療)施設
・経営管理部門の業務紹介
・リサーチラボ見学
・Vanderbilt大学 医療経済学の教授によるアメリカの保険制度の授業
・系列クリニック(スーパーマーケット並みにでっかい)訪問

他施設訪問
・透析施設(大手透析グループの1施設)
・地域かかりつけ施設
・バイオベンチャー(整形外科領域)訪問と企業プレゼン
・研究受託のベンチャー集合体(複数企業が各設備をシェアすることで初期投資が抑えられるのだそう)

1010110916.jpg 1010111837.jpg
 屋上のドクターヘリ!   新設クリニック(ショッピングモール級!)
 
1011112206.jpg 1011111940.jpg
 救急の処置室       小児救急の夜勤を見学


毎日、びっしりとスケジュールが組まれてて、同級生も「ちょっとタフだよねぇ(苦笑)」といった声も出ていましたが、ヘルスケア業界の網羅性からすると、ここまで丁寧に準備されている点が驚きでした。やはり実際に訪問したり、話しを聞く事は本を何冊も読むよりも効果があったと思います。(その後、書籍、データをたくさん読む事になるのですが、これはまた別の機会に。)


なかでも印象的だったのは、治療現場では若手に経験を踏ませるよう、かなり意識的に機会を提供していた点です。手術室と小児救急、外傷だけの見学でしたが、いづれの部門でも医師、看護師が若手に「早速やってみよう!」といった感じで、治療するよう指示していました。

ちょっと驚いたので小児救急医(同じ歳くらいの女医)にリスクはないのか質問したところ、「人を育てないと自分の仕事が増えるばかりよ。まずは基本的な業務から経験を積んでもらって、その仕事を早く彼らに任せた方が、自分は経験と高度な技術を要する分野に集中できるでしょ。もちろんリスクは考慮しているから、中堅が一緒に立ち会ってたでしょ?中堅も教育を学ばなければならないし。専門職と言ってもポジションに応じた役割があるからね♪」との回答でした。施設インフラの点では日本とアメリカに大きな差は感じませんでしたが、OJT文化の違いを知る機会でした。


ちなみにヘルスケアの教授、ラリーは学生との距離が非常に近く、自宅パーティを開催したり、コース後に「飲みながら議論するぞぉー!」とのかけ声で生徒を外に誘ったりとコミュニケーションが盛んです。
授業での進行も学生に対しては、座学よりも積極的に参加するよう促しています。
OwenはヘルスケアMBAが特長の一つですが、早速その一端を肌で感じながらコア科目を受講中です!

1014111407.jpg

最終日の振り返りタイムにはDean(写真中央)が香港、NY出張帰りに立ち寄ってくれました。こういうDeanのビヘイビアはリーダーシップを直接学ぶ機会となっています。

1014111523[1]_convert_20111028054804
コース修了時に教授からサプライズで全員に修了証と手術着が授与されました!
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
ネットワーキングに関して、今回はアドミッションについてです。

私の初めてのアドミとのコンタクトはMBAフェアでした。

「話かけたら自分の英語力がばれてしまい、返って悪印象になるのではないか」とためらった記憶がありますが、素直に自分を知ってもらうチャンスと捉えて、思い切って話かけてみました。当時のTOEFLは70点(リスニングは18点)でした。

英語力は割り引かれるものだと開き直り、とにかくパッションだけでも見せておこうかと。
また、メール等でやり取りする関係の端緒にしたいという思いからでした。

アドミッションはTOEFLのように、宇宙の話題も地下鉱脈が云々とか、音楽の歴史とか聞いてきません。出願や学校に関係した内容ですから、トリッキーな単語も出てきませんので、パンフレットやWebサイトで基本的な情報を掴めば、双方向コミュニケーションは取りやすいはずです。

前回のエントリーで書いたように、ここでも街について質問しました。街ネタは学校関係者以外とも話ができますので、最初のコミュニケーションを助けてくれました。

その後も連絡を取り合うこともできたし、ビジットした際も挨拶に行ったら、ちゃんと覚えていてくれていました。失礼な言動などで、よほど悪い印象を与えなければ、マイナス評価はないのだと思います。
メールにしてもそうですが、アドミは沢山のアプリカント達と接しているので、ネガティブな点はいちいち覚えきれてないのではないかとも考えています。人物に「買い」フラグが立つかどうかの判別はしていると思いますが。何もアクションしなければ、どんなに遅くまで勉強してようが、いつまでたっても「0点」のままってことです。


結局、アドミとは出願ラウンドについてのアドバイス、スコアの更新報告後に少し意見をもらえたりと、個別の継続したコミュニケーションの実現には効果があったと思います。


アドミスタッフとも在校生、卒業生と同様に「私」を認識してもらえるよう、自分のバックグラウンドの説明と、どうしてその学校に興味をもっているかをコンパクトに伝えるように準備しました。これは最低限しておくべきでしょう。このエチケットは就職活動の学生とコンタクト経験がある人なら分かると思います。
フェアの場合は、展示会に近いので、アドミじゃなくても「スミマセンっ、こちらの学校、今日初めて知りました。。。できれば少しお話してもいいですか?」で問題ないと思います。


なお、アドミとのコミュニケーションについては、在校生/卒業生にも報告し、感触だけでもフィードバックをもらうようにしてました。

フィードバックの例:
「ブースで話を隣で聞いてた感じでは、十分に会話できてたし、相手から再度、名前の確認もあったから、しっかり認識されたと思いますよ」
「志望動機は私も問題ないと思ってます。ただ、GMATスコアについては、アドミも気になってるみたいですね。TOEFLで数点上げるより、今はGMATに集中するのが得策でしょう」

私が進学したOwenとの過去コミュニケーションでは、審査官のCさんは、私のTOEFLスコアに関心が薄く(というかスコアは一度も言及されなかった。。)、「とにかくGMATを上げてねっ♪」というスタンスでした。
そこで、GMAT対策をして10点だけ上がったと報告をしたら、「おめでとう!急いで出願してねっ♪」という返事でした。
結果はGMATスコアが低かったのか、
【1】出願ラウンドの変更(11月から1月へ)
【2】Waiting list入り(3月)
【3】5月中旬合格
と長い旅に出たわけですが、先方と約束していたGMATを受験をせずに合格がでました。これもアドミッションの彼女と継続して連絡を取りあっていたからだと思っています。

アドミッションのトップからのメールでは、次のように書いてありました。(過去エントリと重複)
「担当審査官のCさんは、ずっとあなたの強い支持者でした。このたび当校はあなたに合格とすることと決定いたしました。」
アドミッションのCさんだけとのネットワーキングではなく、在校生、卒業生とも継続してお付きあいしたこと、自分に関するニュース(TOEFLでセクション最高点が出た、仕事での役割が増えた)をちょこちょこ連絡(返事がなくとも)していたことも効果があったと思われます。


また、いくつかの学校は直接会う事が出来なかったので、アドミにメールで挨拶代わりに志望する理由を2~3行とレジュメをつけて、「こんな人物ですけど、フィットしそうでしょうか?」とメールしました。(スコアは添えてません)

これは先方の関心具合を知るのに一定の効果があったと思っています。

関心具合というと感覚にもよりますが、以下を判断の材料にしました。
1)返信の有無
2)返信までの期間
3)送った内容へのコメントがポジティブかネガティブか
4)TOEFLとGMATスコアの質問

1)から3)で自分自身の今後の出願にさく時間の使い方を変えて行きますが、
4)が来た時は、さすがにスコアを報告しました。
いきなり門前払いの所もありましたが、「スコアは上書きできるから、出願を先にして欲しい」、「まぁ、不可能ではないけど低いよね」とか、「GMAT何とかならない?」といった先方の感触を知る事ができたと思います。

あるイギリスの学校は、「TOEFL90点未満のアプリカントには1点足りともおまけしない」という学校があったのですが、オフィシャルスコアを添付して、「それぞれの最高点を足すと94点ですがどうでしょう?」→「それならOK」なんて例もありました。

コスタリカINCAEは上記コンタクト後、レジュメと志望動機について興味を持ってくれ、スカイプで色々話しませんかと提案してもらいました。

スカイプミーティングでスコアを聞かれましたが、「確かにスコアは低いけど、話した感じではチャンスありそうだから〆切までに出願することに専念してほしい。これを約束してくれますか?」とのことで、エッセイ他、各書類を完成させることに集中できました。
人物を評価してくれたことが嬉しかったし、出願へのモチベーションが相当上がったことは言うまでもありません。モチベーションが続かないと出願の最後に息切れなんてこともあるかもしれません。
こういった個人的な感触は、自分でアプローチしない限り得られないんだと実感しました。


もちろん学校ごとにアプリカントを見るポイントも違いますし、バックグラウンド含め同じ条件の志願者は世界中に自分一人しかいません。過去の人の例をさらっても何も保証がないということです。
スコアづくりも大事ですが、在校生、卒業生と知り合いになられていたら、アドミッションを紹介してもらい、秋には学校へのコンタクトをしておかれると、年末、年明け(場合によっては春先まで)にバタバタしないで済むのではないでしょうか。


スコアの過去平均や80%範囲は足切りではなくひとつの資料です。アメリカTOP校については出願経験もなく、よくわかりませんが、どうしても進学されたい学校であれば、自分を売り込むための策を徹底するのは悔いない出願をする上で重要だと思います。


「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
7月にナッシュビルに来てもう2ヶ月近くが経とうとしております。

毎日何かしらの課題(ファイナンス、アカウンティング、統計、リーダーシップ)に追われつづけ、今日ようやく中間試験が終わりました。
一息つく間もあまりないですが、綴っている出願考察の続きを書いていきます。

前回は学校関係者(在校生/卒業生)について触れましたが、そのコミュニケーションの続きとアドミッションとのコンタクトについて書いていきます。
8月も終わり、「TOEFL/IELTSのスコアが上がらない。。。」、「GMATも手をつけたいがTOEFL100点超えてないから、GMATを始めるか迷っている」時期でしょうか。私の1年目がこれでした。ですが並行してネットワーキングはしてました。
これは息抜きにもなったし、後々に非常に役にたちました。テスト勉強やスコアよりお会いした方に教わった事の方がそのまま出願(エッセイ、インタビュー)に活用出来たからです。


ちょっと脱線しました。さて、、、在校生とアゴス夏祭り、MBA tourで知り合った後は、メールで質問することもありましたし、直接お会いして具体的な話をゆっくり聞く機会をつくりました。
先方も仕事、プライベートの合間での貴重な時間ですので、こちらもお会いする前にしっかり準備する必要があります。

では何を準備したら良いのでしょうか?


短い時間で教えてもらい、かつエッセイ、インタビューでも盛り込める内容として私は、街の環境について質問していました。授業について教授の名前やそのレクチャーの内容を聞く方法もあり、非常に興味を持った学校もありました。でも他の学校と授業や教授は比較がしにくかったので、私の中で「これって本当に学校を決定する要素なのか」疑問に思うようになりました。
予備校のように自分で受講して他校と較べることがしづらいというのもあるでしょうし、在校生、卒業生は自分とバックグランドが違うので会話を続けていくのが難しいときもあります。

街については、1から2年程、情熱を注ぐ場所ですから聞きたいことはたくさん浮かんできますし、ご本人達からも生活、娯楽など色んな角度でアドバイスをいただくことができました。
私の場合、しばらく車を持てないかもしれないと思っていたので、歩いて通える環境があるか、車がなくても生きていけるか等々から相談していました。
次に少しの余暇が出来た時にどんな場所を訪れたか、カレッジスポーツはどのスポーツが盛んなのかといった話をしつつ、出願の相談もしちゃうという展開だったと記憶しています。

なお、お会いするときはその国全体がわかる地図を持っていくと良いかもしれません。街の位置関係を把握しながら話をきくとイメージしやすいこともありますので。

エッセイにも「○○さんに話を聞くところによるとこの街は云々だったのでフィットを強く感じた」実際にビジットしたならば、「自分が情熱を注ぐに十分な環境だと確信した。」など明確に書けます。これだけでもアドミに「学校関係者に会ってて、ネットワーキング力はありそう」、「学校/街への具体的に理由がランキング以外にあるな」という点は訴求できるのではないでしょうか。

また社費の方の留学日記には学校でのネットワーキングはあまり出てきませんが、ビジネススクールは就職予備校です。
普通は本ちゃんの授業が始まる前から学校の企業セッションやリクルーターや卒業生とネットワーキングする場面が沢山でてきます。学校側もこのソフトスキル(ネットワーク構築力)は就職活動や今後の学校への貢献の点からも重要視しているので、アピールしといて得することはあっても損はないです。


最後に、上記はやり方だけをなぞっても何の意味もありません。
大人の礼節があって成立するコミュニケーションであることを添えておきます。


気づけばまた長々と書いてしまったので、次回こそアドミッションとのコミュニケーションに触れていきます。
「頑張れよ、三十路!」って方はクリックしてくださると嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。